Slash
  • 2016
    ジョルジョ鉛筆デッサン
  • 1976
    ブルータス鉛筆デッサン
  • 色彩構成「秋」
  • 色彩構成「芍薬」
  • 色彩構成「チューリップ」
  • 1997
    摸写「01」1m×1m
  • 摸写「02」1m×1m
  • 2010
    美容院内外装「木製ドア」
  • 2010
    自由が丘fleu-r「電飾看板」
  • 2013
    清水興業「40㎡解体看板」
  • 2014
    ネクスリード「33㎡鳶看板」
  • 2017
    銀座東急内装「デザイン壁」

職歴

1955(S30)
11月20日生まれ
1980(S55)
多摩美術大学デザイン科(染色)卒業
吉忠株式会社入社(企画室)
  • 米沢・桐生・新潟/先染・ジャガード企画
  • 池袋サンシャイン個展
1983(S58)
東京モダン株式会社入社(プリント販売・営業)
1984(S59)
株式会社ラピエール入社(大阪・毛織物販売・営業)
1985(S60)
株式会社紗香入社(化合繊販売・営業)
1986(S61)
アトリエFUBI設立(松陰神社)
  • 大垣紡績・西田殖産・三景
  • (専門商社)3社とテキスタイル企画契約
1987(S62)
株式会社FUBI設立(目黒)・代表取締役
  • 全国テキスタイル産地織物・プリントを企画
  • (複合繊維・化学繊維・毛織物・綿麻織物)
  • (京都・横浜手捺染・オート)
  • 図案作成・図案ブック販売
  • 販売先/株式会社JUN・東京ブラウス・山貴
    丸紅・三井物産・伊藤忠商事
  • 東京モード学園講師(テキスタイル)
1993(H05)
代表辞任/アトリエシライ設立
  • 荒井株式会社(岐阜・青山)販売契約(販売先/JUN)
1997(H09)
目黒鷹番アトリエ開業/■染色教室生徒募集
2001(H.13)
鷹番閉鎖、目黒原町に移転、コンピューターグフィックス導入
  • 新宿東京ホビット/グラフィックス受注
2004(H16)
飯能市/名栗・柳町アトリエ開業(■染色教室生徒募集)
JUN直営店ヴィジュアル制作
  • 丸井・三越・松坂屋・プランタン銀座・高島屋・京王百貨店
三経ホテルグループ/サインデザイン・制作・設置
  • 高所作業車免許
  • ホテルラモード綾瀬アート看板設置(52㎡)
  • ホテルアランド港北店ターポリン設置(20㎡)
2009(H21)
名栗アトリエ閉鎖
  • JUN(三井・西武)アウトレットポスター制作
2010(H22)
サロンドルイス(飯能/美容院)内・外装受注・家具制作
自由ケ丘fleu-r電飾看板特注
  • ■絵画教室生徒募集
  • ■子供絵画工作教室募集
2011(H23)
ジョッキー内装契約
  • 新百合ケ丘・藤沢オーパ・新宿PePe・桜木町コレット
  • (東京ビックサイト/催事)
2012(H24)
原宿ウエディングボックス電飾看板特注
  • 横浜赤レンガ内店舗パース作成
  • 建築・土木・設備会社で勉強
2013(H25)
清水興業フェンスグラフィックス受注(40㎡)
2014(H.26)
ネクスリード/フェンスグラフィックス受注(33㎡)
  • 日本橋三越・東京大丸ヴィジュアル制作
  • ■美大受験募集(絵画教室)翌年多摩美術大学現役合格
2015(H27)
越生町産業観光課/看板受注(38㎡)
2016(H28)
ストックマン
  • (sinequanone青山・銀座東急店)ヴィジュアル企画受注
    インテリア企画・施行受注
2017(H29)
■美大受験/多摩美術大学・女子美術大学・東京造形大学
・日大芸術学部・沖縄県立芸術大学(5名/現役全員合格)
子供の頃から工作や絵が好きで入間川小学校の2年の美術の時間でした「動くおもちゃ」を作る授業で待ちきれなくて家で作ってきてその時間作ってきたおもちゃで遊んでいた思い出があります。実家は狭山の時計屋さんでまさか絵の学校へ行くとは思わなかったようです、父親の仕事机のすみに眼鏡専門学校のパンフレットが置いてあるのも知っていました。多摩美を出て6年間繊維業界でサラリーマンをし4社ほど転々としました。その後独立して23年間程繊維・アパレルの仕事をしていましたが平成9年の頃から繊維全体が海外生産に以降してきました、何回も海外へ誘われましたが苦手な語学と商社とのお付き合いがどうしてもだめでこの頃から何か人の手をかりずに自分で創作しお金にならないかと…、思っていた時期がありました。そんな中で百貨店との出会いが有り店舗の一部ですがデザインの依頼があり、「一人でできる!…」っと思い、これがきっかけで内装・看板…と手掛け今に至っています。
美大では染色を専攻していました、っと言っても技術をものにしないまま卒業、卒業制作には完成出来なかった悔しい思い出があります、今思えば蝋と糊を併用した染色技法にこだわっていたようです、もう一度やってみたいという気持ちが染色教室を始めるきっかけにもなったかもしれません。染めはとても面倒な作業過程の積み重ねで仕上げて行きます、図面・材料選びからはじまり型彫り・糊作り…っといった作業がまっています、計画を練り、仕掛けを練り…、これは他の全ての物作りにも当てはまると思います制作はこれが楽しいのですね。教室では楽しいところから始めます慣れてきたら面倒な作業もやってみてください。教室ではデッサン・水彩画・油絵・デザイン…といろいろと用意していますきっと楽しんで頂けると思います。
  • ▲1977 多摩美
  • ▲2000 多摩美訪問
  • ▲1988 横浜手捺染
  • ▲1982 米沢ジャガード織機